Skip to main content

外壁塗装をすると新築の家のように変わる

最近現在所属しているA型事業所の仕事で、ある不動産会社のホームページの制作を受注しました。

この不動産会社は社長の奥様が当事業所のサービス管理者の知り合いで、ホームページは一応WEB公開はしていましたが、大分以前に制作したもので内容が古く、時流に合わなくなってきているとのことで、リニューアルを依頼されたものです。

さて実際に制作するに当たって資料集めとなったのですが、以前公開しているホームページと奥様から提供された数十枚の写真のみと意外と少なく、これは難儀するかなと思いながらも取りあえず資料を眺めてみることにしました。
この不動産会社は建物の売買も行いますが、リフォームが主ということで提供された写真はほとんどがいわゆるビフォーアフターです。

その写真を1枚ずつ眺めていると、意外に屋根、外壁塗装の多いことに気がつきました。エリアが奈良県の地方都市ということもあって、取り扱い物件の大部分は1戸建ての家で、もちろん建物内部のリフォームもありますが、ほとんどは屋根、外壁塗装の外回りのリフォームでした。

写真は塗装前、塗装後の写真と物件によっては塗装経過の写真のある物件も数件ありました。それを見て塗装前のうす汚れた(失礼)屋根・外壁が塗装後には見事に再生され、大げさな言い方をすればまるで新築の家に生まれ変わった外観が写し出されていました。

都会のマンション暮らしの経験しかない自分は、1戸建ての家の外壁塗装を見るのは写真ですが初めてでした。マンションも十数年に1回は大規模修繕で外壁塗装をする必要があり、自分も1回経験しました。しかしながら実施すると確かにきれいにはなりますが、はっきり言って外壁の色でも変えない限り、その著しい違いというものは実感は出来ません。

ところが1戸建ての外壁塗装のこの著しい違いは何だ、前にも言いましたがまるで新築の家のように蘇っているではありませんか。これはやはり個々の部分の違いもありますが、マンションに比べて外観全体が間近に見渡せるということなのか、それとも今回の不動産会社の外壁塗装の技術が優れているからなのか。

いずれにしてもこの不動産会社の新しいホームページには主としてこの外壁塗装のビフォーアフターを会社の実績として掲載し、外壁塗装をすることによりこんなに素晴らしく我が家が蘇るということを強調した方が良いとの結論に達し、その線で作成することにしました。

作成すること1ケ月、原案が出来上がり仮公開をして奥様に画面を見てもらったところ、文言等の細かいご指摘はありましたが、外壁塗装のビフォーアフターを主とするデザイン設定には大いにご満足されたということで、作成側の自分達としても大いに満足したのであります。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です